仕事に行きたくない時の3つの対処方法

毎日仕事するのって、つらいですよね。

あなたは、気が沈んだまま毎日出勤していませんか?

この記事に辿り着いたということは「仕事に行きたくない」「働きたくない」そんな感情に苦しみながら仕事を続けているのではないでしょうか。

今日は、あなたを苦しめる仕事を行きたくない原因を探るとともに、その対処方法を紹介します。

「今の状況を改善したい」「前向きになりたい」と考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも仕事に行きたくない原因は何か?

対処方法を知るには、その原因を突き止めなくてはいけません。まずは、あなたが会社に行きたくない理由から考えてみましょう。

会社に行きたくない主な原因は、だいたい以下の五つの内のどれかではないでしょうか。

  • 仕事でミスばかりしてしまう。
  • 残業が多すぎて疲れている。
  • 仕事にやりがいを感じられない。
  • 職場の人間関係が良くない。
  • 通勤時間が長い。

この記事を熱心に読んでいるのなら、あなたもこの五つの内のどれかに心当たりがあるのではないでしょうか。通勤時間なんかも、会社に毎日1~2時間かけて通勤とかだと地味につらいですよね。

どの仕事に行きたくない理由にも共通して言えることですが、仕事に行きたくなくなるのは、あなたのせいではありません。

こんなことを書くと「え? でも仕事のミスは自己責任でしょ?」と思う人もいるかもしれません。いえいえ、そんなことはありませんよ。

仕事で何度も同じミスを繰り返すような場合は、本人の集中力や努力不足だけの問題ではないケースも多いのです。そもそもミスを繰り返すような状況は、任されている仕事自体が本人のスキルや性格、能力と合っていない可能性が高いのです。

例えば、まだ仕事の経験が浅いのに得意先とのやり取りを最後まで任されたりすれば、ミスが多くなっても仕方のない状況だと言えます。

本来なら、上司が部下の能力を見て仕事は調整すべきなのですが、上司は上司で課のノルマに追われていたりするのでそこまで気が回る人は少ないでしょう。

結果的に同じミスを何度も繰り返す社員は「ミスを繰り返す問題児」扱いされ、上司だけでなく同僚との関係も悪化してしまうのです。

つまり、仕事でミスが多いということはミスをする本人以上に職場環境やチームに問題がある可能性が高いといえます。

仕事に行きたくない時の対処方法3選

仕事に行きたくない理由は、あなた自身に問題があるのではなく職場やチームに問題があるのです。では、実際どうやって会社に行きたくない気持ちを解消すれば良いのか。ここからは、より具体的に書いていきます。

数日間会社を休んでみる

会社に行くのがつらいなら休めばいい。

極めて単純明快な方法ですが、非常に効果的な方法です。

このようなことを書くと「会社を休む? ふざけるな。自分が休んだら仕事が進まないんだ」と考えたり「みんな頑張っているのに、自分だけズル休みなんてできない」と会社を休むことに罪悪感をもったりするかもしれません。

しかし「会社を休んでいけない」という強い責任感のある人ほど休むべきなのです。この記事を真面目に読んでいるのなら、あなたも真面目なタイプではないですか?

そもそも1~2人が欠けるだけで業務が滞ってしまうような職場は非常にストレスが溜まりやすいです。このような責任が重すぎる環境では、仕事に行きたくないと考えてしまうのも当然です。

少し厳しい言い方をしますが、重すぎる責任を負わされる職場に将来性はありません。なぜなら、ストレスに耐えきれずほとんどの人間は体を壊したりやめたりするからです。

とはいえ、あなたにも生活がありますから、いきなり会社を辞めるというわけにもいきませんよね。ですから、数日休んでみるのです。

さらに、これはもっとも重要なことですが、休んでる間は「仕事のことは一切考えない」ことです。

とはいえ、あなたもサラリーマンですから家でじっとしていると嫌でも会社のことがチラつくでしょう。そこでオススメなのが運動です。

運動は何もランニングやスポーツジムに行くなどの本格的なものでなくてもいいです。部屋の片づけや買い物に歩いて行くといった程度で十分です。とにかく重要なのは、あなたの頭の中から「会社」が出ていくことです。あなたの頭から会社がなくなれば前向きになれます。

疲れ切った心と体を回復するためにも、まずは思い切って休んでみましょう。

人に仕事の悩みを相談してみる

一人で抱え込んでいても苦しくなるばかりです。

問題が直接解決に結びつかなくても、誰かに話しを聞いてもらうことは大切です。話すだけでスッキリする場合もあります。

また、相手に話しをするということは、あなた自身の気持ちを整理するきっかけになります。頭のなかでぐちゃぐちゃになっている考えを言葉にすることは、問題を客観的に把握することに繋がります。問題を冷静に把握できれば、解決策も浮かび上がりやすいです。

家族や友人、両親など信頼できる人なら誰でもいいので「仕事にいきたくない」という素直な気持ちを打ち明けて、心を軽くしてみましょう。

部署異動を願い出る

転職ってリスクも高いし怖いですよね。

この不安定な時代に何のためらいもなく転職に踏み切れる人のほうが少ないでしょう。また、今の職場に給料や労働条件などでは一切不満がなく、できれば会社は変えたくないという人もいるでしょう。

もし、あなたが「転職はしたくないけど、現状を変えたい」と嘆いているのなら部署異動を願い出てみることをオススメします。

もちろん、部署異動はプラスになることばかりではありません。企業によっては出世コースから脱線してしまうケースもあるでしょう。しかし、仮に出世コースから脱線したとしても、それは前向きな英断です。あなたは勇気あるヒーロー、ヒロインです。脱線する勇気を一つも持てず苦しんだ挙句うつ病になってしまうよりも、ずっと素晴らしいです。

部署異動をすれば、人間関係は大きく変わります。今までうまくいかなかった人間関係が一旦リセットされるわけですから仕事のモチベーションがあがる良いきっかけになるでしょう。

もし、あなたが今の職場に限界を感じているのなら思い切って部署異動してみましょう。部署異動は降りることでも、負けることでも、恥ずかしいことでもありません。明日のための前向きな行動です。

まとめ

仕事に行きたくなくなったら、会社を辞める前にまずは「数日間会社を休む」「人に仕事の悩みを相談する」「部署異動を申し出る」のいずれかを実行してみましょう。また、もしあなたが小さいミスを気にするタイプならば「多少のミスは仕方ない」と割り切ることも大切です。前向きに仕事に取り組みたい人は、ぜひ今回紹介した方法を試してみてくださいね。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

出世できない人が生まれる二つの理由

仕事のストレスで悩んでるなら必見。ラクな仕事3選

仕事で要領が良い人になるための3つの方法

本当にホワイト? 実は不安定な仕事3選

自信のつけ方

サラリーマンが副業をするべき3つの理由