仕事で要領が良い人になるための3つの方法

どこの職場にも、要領の悪い人って一人くらいはいますよね?

「要領が悪い」とは、仕事が覚えられなかったり、行動が遅かったりする人です。この記事に辿り着いたということは、もしかすると、あなた自身も要領の悪さで悩んでいるのではないでしょうか?

  • テキパキ動けない。
  • すぐ物事を忘れてしまう。
  • ミスを繰り返す。

仕事の効率が悪いと結果はでません。さらに、周りに迷惑をかけてしまいますし、職場の雰囲気を悪くしてしまうことだってあります。

「要領が悪さは治らないのかな?」「一生ロクに仕事ができずに上司から怒られ続けるのか?」

この記事を読んでいるのなら、あなたはこんな悩みを抱えているのではないでしょうか。

しかし、安心してください。どんな人でも、要領の悪さは改善できます。誰でも、コツさえつかめばテキパキ仕事できる可能性は秘めているのです。

今日は、そんな仕事の要領についての記事を書いていきます。仕事がうまくいかずに悩んでいる人は、ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

この記事を読んで、要領の良さを身につけるきっかけを掴めば、明日から職場でスーパースターになれるかもしれませんよ(笑)。

「要領が悪さ」はメリットになる

まず、要領が悪さで悩んでる人に言います。

実は、要領の悪さの中にはメリットも存在するのです。ですから、要領の悪さで自分自身を悲観したり責めたりするのは今すぐやめてください。

なぜ、要領の悪さがメリットになるのか? それは、要領が悪い人に共通する特性が大きく関わっています。

「要領が悪い」=「一点集中に長けたスペシャリスト」

まず、要領が悪い人というのは、複数の物事を同時に処理するのが苦手です。この記事を熱心に読んでいるのなら、あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。

しかし、複数の物事を同時に処理できないということは、逆に言えば、一つの仕事であれば驚異的な集中力を発揮できるということでもあります。

つまり、あなたが「要領の悪さ」で悩んでいるのなら、一つの分野でスペシャリストになる可能性も秘めているということなのです。

もし、あなたに興味のある分野があるのなら、仕事や趣味、スポーツなど何でもいいですから、徹底的に追及してみてください。そうすれば、周りが追い付けない専門家になれる可能性があります。

とはいえ、一つのことばかりに集中して、仕事ができなくて周りに迷惑かけるわけにもいきませんよね。仕事をする以上、最低限の要領の良さは必要です。そこで、要領良く動くコツをこれから紹介していきます。要領の悪さで悩んでいる人は、ぜひ、参考にしてみてください。

自分自身の能力を知る

要領の悪い人は、自分自身の能力を分かっているようで分かっていません。だから、どの作業にどれだけ時間がかかるのかを正確に把握できず、人よりも作業に時間がかかってしまうのです。

要領の悪い人は、まず、自分自身にできることとできないことをしっかりと区別してください。できなことは諦めましょう。できない仕事は「できない」とはっきり言って、上司に相談しましょう。そうすれば、具体的な作業のスケジュールも立てやすくなるので時間の管理もできます。

また、できない仕事は、なるべく受けないようにするのも重要です。自分自身の限界を超える仕事は極力避けて、マイペースに仕事をするべきです。

人から何を言われても気にしないのも大切です。人よりペースが遅くてもいいのです。大事なのは、自分自身に余計なプレッシャーをかけずに一つの仕事に集中することです。

どんなに複雑な物事でも、結局できることを一つずつ処理していくしかありません。一番大事な仕事は時間をかけて大切にやって、他の仕事は、いざとなったら全部人に任せるくらいの気持ちで仕事を取り組んでみてください。

仕事は80%くらいの出来で良しと考えよう

要領の悪い人というのは、こだわりが強い傾向があります。

「もっとこうしたほうが…」「もうちょっと、頑張って改善しよう」この記事を熱心に読んでいるのなら、あなたも経験があるのではないでしょうか。

はっきり言います。完璧なんて目指したらキリがありません。

仕事の時間は限られています。ですから、完成度にこだわりすぎるのは、ただのタイムロスです。

仮にあなたの仕事が完璧にできたとしても、提出期限や納期に間に合わなかったら全く意味がありません。仕事は基本的に時間厳守ですから、いくら100%の完成度の物ができても、それでは本末転倒です。

実は要領の良い人というのは100%の仕事なんて、ほとんどしていないのです。70~80%の完成度の仕事をコツコツとこなしているのです。時間をかけた一つの100点よりも、多少クォリティが低くても複数の80点を素早くコンスタントにこなすほうが、会社で高い評価をもらえるのです。

完璧を目指さないでください。完成度は低くても、数をこなすことを意識してみてください。

仕事は一人でやらずに、人を上手に使おう

「人に頼らず自分で何とかしよう」

一見立派な考え方ですが、実は「努力している自分」に酔っているだけかもしれません。

要領が悪い人は、一人で頑張って行き詰ってしまうケースが多いです。「頑張る」という向上心は大切です。しかし、一人で抱え込んで行き詰って仕事の進行を遅らせているのは、ただ周りに迷惑をかけているだけです。

どんな物事でも、一人でやるよりも、複数の人達から意見をもらったほうが良い結果になります。

一人で背負い込むのは良くありません。要領の悪い人ほど、人に頼らず自分で何とかしようと考えてしまいがちです。しかし、それは周りが見えていない典型です。

ちょっと言い方が悪いですが、何でも一人で背負い込んで頑張るのは、結果が悪い方向にばかり向かう「意味のない頑張り」です。仕事やプライベートでも一人で抱え込む人は、周りが見えなくなり高い確率で人に迷惑をかけます。

あなたは人に迷惑をかけるために頑張っていますか? そんなはずないですよね。誰だって、仕事や物事を良い結果にするために頑張ってるはずです。

「できないことはできない」「能力が低いのは仕方ない」自分の能力を理解して、できない時は人の力を借りましょう。落ち着いて周りを見て対処すれば、だいたいのトラブルは回避できます。

仕事で人の力を借りるためには、日頃からコミュニケーションを取っておくことも大切です。十分な関係性ができていれば、仕事を頼んでも嫌な顔はされません。

責任感や向上心を理由に、一人で頑張るのはやめましょう。仕事は一人でやってるわけではないのです。もっと、あなたの周りにいる人たちを頼ってみましょう。きっと、今までの何倍も効率良く仕事ができるはずです。

まとめ

要領の悪い人は、自分の能力を知ることが大切です。また、仕事は80%程度で数をこなすほうが会社で評価されやすいです。マイペースで良いので、できない仕事は「できない」と認めて一人で抱え込まずに周りの人の力を借りましょう。普段から、しっかり周りとコミュニケーションを取って、関係性を築いていれば、仕事を頼んでも嫌な顔はされません。

自分の能力を知って効率性を考えることで、あなたの仕事の能力は、きっと向上するはずです。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

学歴は関係なし。高卒でも可能な給料の高い仕事3選

自信のつけ方

生き残るための仕事の選び方

会社で働きたくないあなたへ。自由に稼ぐ3つの方法

出世する人は、やっている。積極性をアピールする二つの方法

私達凡人にとっての財産とは