日本に「お金持ち」が少ない3つの理由

「お金持ち」って、私達の身近ではあまり見かけませんよね?

日本人はお金儲けが下手だと言われています。日本人のお金儲けの下手な理由は、日本人特有の「謙虚さ」や「従順さ」が影響しているそうです。考えてみれば、日本人って控えめで「お金は食べていく分だけあればいい」なんて言う人も多いですよね。

しかし、本当に日本人にお金持ちが少ない理由って「謙虚さ」や「従順さ」のせいなのでしょうか?

いいえ、違います。実は、日本人にお金持ちが少ないのは「謙虚さ」や「従順さ」のせいではないのです。

さて、今日は日本にお金持ちが少ない理由について書いていきます。あなたが、お金持ちに興味があるなら、この記事にお金持ちになるヒントが眠っているかもしれませんよ。

日本に、お金持ちが少ない本当の理由

学校を卒業した後の、定番コースといえば、企業に就職ですよね。一流大学を出た学生でも、就職する企業に大小はあっても、大概はサラリーマンに落ち着くのではないでしょうか。

しかし、学生時代に何の抵抗もなく選んでしまう、この「普通に就職」「サラリーマン」が日本にお金持ちが少ない原因になっています。

学校で、社会で役立つ実務技能を教えない

「学校の勉強って、社会に出てから、あんまり役に立たないよなー」

会社で働いていれば、あなたも一度くらい学校の勉強に疑問を感じたことがあるのではないでしょうか。

あなたも、うすうす気づいてるとは思いますが、日本の教育というのは、社会に出て役に立つ能力をあまり教えてくれません。多くの学生たちの最終学歴となる大学でさえも、実践的な能力を鍛える機会は少ないのです。

社会で役立つ実務能力とは「目標設定」「アイディア力」「マーケティング力」「プレゼンテーション」「法律関係の基礎知識」「倫理や道徳」などでしょうか。これらのうちで、学校でしっかり教えてくれる項目がどれくらいあるでしょうか。おそらく、学校で教えてくれるのは「法律関係の基礎知識」と「倫理や道徳」くらいでしょう。

国語や数学、社会、理科、外国語などの各教科だけではなく、社会で役に立つ知識や経験を学校でバランス良く教えることで、社会に出てから大きく活躍できる人材が増えるのです。

起業家をサポートする仕組みが不十分

お金持ちになるためには、会社を経営するのが一番です。ところが、いざ、起業をしようと銀行からお金を借りようとしても、日本の金融機関というのは、なかなかお金を貸してくれません。特に、債務が多い人には、なかなかお金を貸してくれません。

今の説明だと、ちょっと分かりづらかったかもしれませんね。あなたも「債務が多い人って、何だよ。どんな人だよ」なんて考えたのではないでしょうか。

もうちょっと詳しく説明します。「債務の多い人」というのは、簡単に言えば「ローンの多い人」です。車のローンや住宅ローン。あなたも、社会人なら一つくらい「何かしらのローン」をしているのではないでしょうか。

普通に暮らしていれば、ローンの一つや二つは誰でもあります。しかし、このローンは会社を起業するために金融機関から融資を受ける場合、かなり不利になるのです。会社を起業するために、金融機関に融資相談をすると「あなたにはローンがあるからお金は貸せません」と断られてしまうケースも多いのです。

会社を経営しても、最初からビジネスが軌道に乗ることばかりではありません。むしろ、最初から経営がうまくいってる人は本当に少数です。最初は、借金をしてスタートするしかない場合だってあるでしょう。

起業家を支援してくれる金融サービスがもっと充実していれば、日本の起業家は増えるのではないでしょうか。起業家が増えれば、自然と日本にお金持ちの割合も増えていくのではないでしょうか。

日本人は、交渉が下手

日本にお金持ちが少ない理由の一つに「日本人の交渉の下手さ」があります。

あなたは、日本人というと何をイメージしますか? 大体の人は「謙虚」や「従順」「平和主義な民族」などをイメージするのではないでしょうか。反対に、外国人は自己中心的ってイメージがありますよね。

しかし、実はビジネスの交渉では、日本人のほうが一方的に自己主張しているケースも多いのです。

日本人はストレートに自分の意見は言いません。しかし、だからと言って相手に合わせているかというと、そうでもないのです。

  • 「当社の考えをご理解していただきたく…」
  • 「こちらの事情も、ご理解していただければ幸いです」
  • 「御社の意見も、ごもっともですが、この場合は…」

会社勤めをしていれば、あなたも一度はこのような言い回しを聞いたことがあるのではないでしょうか。

上の三つの言葉は、ぱっと見た感じだと謙虚で、へりくだった言い回しですよね。しかし、この三つの言葉は、表現を曖昧にしているだけで「私は、絶対に譲歩しない」と言っているのと同じです。言い方だけは謙虚ですが、実際の言葉の中身では「お前の交渉には絶対に応じない」と言い放っているのです。

ちなみに、外国人の交渉の場合は、言い方こそストレートで自己主張が強いですが、きちんと会話のキャッチボールは成り立っています。

たとえば、外国人の場合は、こちら側が条件を出せば、相手はその条件を受けて、再度新しい条件を提示してくれたりします。つまり、一定の妥協をしてくれているのです。

相手を理解しようという気持ちがなければ、交渉は成り立ちません。

  • 言い方はへりくだっているけど、交渉には応じない
  • 言い方は、ストレートで自己主張が強いけど、こちらの話を聞いたうえで新しい条件を提示してくれる

ビジネスで相手と交渉するなら、あなたならどちらを選びますか? 大体の人は、後者を選ぶのではないでしょうか。

いくら、へりくだった言い回しをしても、中身が「一方的に妥協しない」では、ビジネスがうまくいくはずがありません。日本人にお金持ちが少ない理由には、こういったビジネスでの交渉の下手さがあるのです。

交渉と言うのは、相手に一方的に主張することではありません。相手の主張を理解し、その上でこちらの要求を相手に伝えることです。

交渉で重要なのは、言い回しではありません。自分の要求と相手の要求を比較し、自分が相手の立場だったらどうするかを考えて、妥協点や相手が納得してくれる条件を探すことなのです。

まとめ

日本人にお金持ちが少ない理由は「学校で社会で役に立つ実務能力を教えない」「起業家をサポートする仕組みが少ない」「日本人は、ビジネスでの交渉が下手」などがある。特に交渉は、日本人の場合、言い回しこそへりくだっているが、言葉の中身では「譲歩する気はない」と言ってるケースも多い。このような言い回しが、ビジネスで失敗を生み、日本人にお金持ちが少ない原因になっている。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

景気回復は信用していいのか?

浪費が加速する仕組み

誰でもできる。お金を増やす3つの方法

お金が必要な目的をはっきりさせろ

あなたの給料が少ない二つの理由

貯金の意味