人生を充実させたい人は必見。転職をすすめる3つの理由

充実した人生を送るのって難しいですよね?

この記事を読んでいるということは、あなたは今色々なことを我慢しているのではないでしょうか。日常化したサービス残業や休日出勤、辛い転勤生活など、会社員は我慢の連続です。

しかし、本当に我慢ばかりの人生でいいのでしょうか?

一度きりの人生を奴隷のように我慢を繰り返すだけで終わっていいのでしょうか。そんなことはないはずです。泣くほどつらいなら無理をしなくていいのです。現状から逃げていいのです。

あなたが、一歩でも踏み出せば、状況は必ず変わります。仕事がつらいなら、転職して新しい環境に身を置くべきです。

さて、今日は、そんな転職についての記事を書いていきます。仕事に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

なぜ、転職をすべきなのか?

あなたが仕事で悩んでいるなら、まず最初に言っておきます。

悩んで心が病むのは、あなたの責任ではありません。会社の環境が原因です。

しかし、だからといって会社をあなたの望むような環境に変えることは不可能です。なぜなら、会社はあくまでも利益を求めることを最優先する組織だからです。人権は二の次。利益を上げなければ会社は生き残れませんからね。

悩みの原因になっている今の会社に居続けることで悩みが解決することは絶対にないのです。つまり「転職する」という選択肢が、あなたを救う唯一の道なのです。

転職が怖くない三つの理由

「そうは言っても、新しい仕事を探すのは不安だ」あなたは、こんな考えで常に心にブレーキをかけているのではないでしょうか。

大丈夫です。心配ありません。ブラック企業は年々減ってきています。社員に精神や体力に気を遣う良い健全で良い会社は、確実に増えています。

ただし、良い会社を見つけるにはポイントがあります。それは、面接の時に、あなたが以前の会社で不満があったことや精神的ストレスを感じたことなどを面接官や社長に正直に話すことです。

もちろん、全ての企業があなたの精神状態や不満を理解してくれるわけではありません。しかし、社員のことを思いやる優秀な企業なら、あなたの精神状態を理解した上で働き方を提案してくれる可能性が高いのです。理解してもらったうえで働けるわけですから、もう、つらい残業や休日出勤で泣くこともありません。

今の話で、転職に対する不安は取れたでしょうか。それでは、いよいよ転職が怖くない三つの理由を具体的に書いていきます。

現在の転職は売り手市場

からこれ十年ほど前「就職氷河期」「内定取り消し」「リーマンショック」など縁起の悪い言葉がニュースを見れば嫌でも目に入ってくる時代でした。このブログ管理人も、学生時代に友人や知人から「内定取り消しされた」という話を良く聞いていました。

しかし、今は違います。十年前に比べて就職は確実にラクになっています。なぜなら「労働者の高齢化」や「人口減少による労働者の減少」などのせいで、経営者達は人を集めなければいけない状況に追い込まれているからです。

そうです。時代が変わり、今の転職は、完全なる売り手市場なのです。

もちろん、経済は常に動いていますから今の状況がいつまで続くかはわかりません。しかし、だからこそ今の転職チャンスに飛び込むべきなのです。

十年前に比べれば、今の転職は恵まれている。これだけは忘れないでくださいね。

現状を維持しても、精神的な問題は解決しない

「転職なんかせず、今の会社で生きていく道を探すべきだ」「つらいことは逃げずに乗り越えるべきだ」こんな考え方をする人もいるでしょう。

あなたも、上司や同僚に転職の相談をしたら似たようなことを言われた経験があるのではないでしょうか。

しかし、本当に「つらいことを乗り越える」のが正解なのでしょうか。

いいえ。それは違います。あなたを苦しめている今の会社に居続ける以上、問題は何も解決しません。つらいこと乗り越えても、また次のつらいことがやってくるだけです。つまり、つらい状況から逃れることは永遠にできません。

会社の仕組みというのは簡単には変わらないのです。もし、会社が仕組みを変えるなら、経営者は労働者や利益を上げるシステムなど、あらゆるものを全て変えなければいけないのです。また、職場内の人間関係の問題は、経営者が気付いていないケースも多いのです。

一人の力では会社を変えるのは不可能。この記事を読んでいるのなら、あなたも薄々分かっているのではないでしょうか。

会社が変わらないのなら、自分自身が動くしか道はありません。

現在は、インターネットの転職サイトも充実しています。まずは、ネットでどんな仕事があるかだけでも調べてみるのはどうでしょうか。

会社に依存し続けるほうが、むしろ危険

世の中の大概の人は、学校を卒業したら一つの会社に長く勤めることを理想としています。もちろん、それは立派な考え方です。

しかし、同時に勤続年数が長くなればなるほど会社に対して知らないうちに依存度が高くなっているということも知っておくべきです。

今は元気に会社勤めをしている人でも、会社の急な経営方針の転換で、今まで経験したことのない仕事を任せられてストレスで心を病んでしまうことだって十分ありえます。

もし、転職経験が一度もない場合は、どんなにつらい状況に追い込まれて体がボロボロになっても一つの会社に勤め続けるしか選択肢がありません。転職経験がない人は、一つの会社しか知らないので「他の会社でもうまくいく」という考え方ができないのです。

しかし、転職を経験していれば視野が広がっているので、その時の状況に応じた自分自身に合った会社を探すことができます。

世界には、数えきれないくらいの会社が存在しています。今よりも自分自身の能力を輝かせることができる会社はいつの時代も必ずあります。

転職経験は、世界を知るという意味でも、とても大切なことです。広い社会の中で自分自身を客観的に見つめることができれば、会社に依存する必要がないのです。

この記事を熱心に読んでいるのなら、あなたは今、未来に対して希望を持てない状況まで追い込まれているのではないでしょうか?

止まっていても現実は動きません。「会社を辞める」という行動を起こし、新しい会社に転職するだけで、状況が一気に変わり気持ちが明るくなることだってあるのです。

転職を前向きに考えてみましょう。自分に合った会社に勤めることが出来れば日々の生活は充実して、生きることが楽しくなってきます。

まとめ

仕事で悩んでいるのなら、転職したほう良い。十年前は、転職は難しかったが、今は転職も簡単になった。その理由は「労働者の高齢化」や「人口減少による労働者の減少」のせいで、企業が常に人材を求めているからです。また、転職を経験しておくと、視野が広くなり会社に依存する必要がなくなります。

さて、最後にちょっとしたアドバイスです。転職するなら「自分が会社や仕事に何を求めるのか」を明確にしておきましょう。また、職業安定所だけでなくインターネットの転職サイトも利用することをオススメします。「求人の紹介」「応募書類のチェック」など転職のサポートを手厚くしてくれるサイトも多いので、ぜひ利用してみてくださいね。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

仕事で要領が良い人になるための3つの方法

体を鍛える一番大切な理由

会社で出世するために一番大切な事

ブラック企業を見分ける3つのポイント

私達凡人にとっての財産とは

出世する人は、やっている。積極性をアピールする二つの方法