仕事のストレスで悩んでるなら必見。ラクな仕事3選

仕事をしてると、ストレスがたまりますよね?

「ラクをしたい」「ストレスの無い仕事をしたい」こんなことを、あなたも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

はっきりいいます。「ラクがしたい」と考える、あなたの考え方は間違っていません。

ブラック企業が増え続けている世の中。サービス残業や休日出勤は当たり前。しかし、それっておかしいですよね。もっと自分自身を大切にした働き方もあっていいはずです。

私達は、奴隷のように労働するために生まれてきたわけではありません。「働く」ということを、もっと真剣に考えるべきです。

そこで、今日はストレスの少ない、楽な仕事を紹介しようと思います。あなたが、仕事に悩んでいるなら今日の記事は、あなたの今後のヒントになるかもしれませんよ。

ラクな仕事の基準

さて、ラクな仕事を紹介する前に、そもそも「ラクな仕事」とはどのような仕事なのでしょうか。

結論から言うと、ラクな仕事とは人間関係のストレスの無い仕事です。あなたも、薄々分かっているのではないでしょうか。仕事や学校で辛くなるのは、人間関係のせいです。

ちょっと考えてみてください。

もし、あなたの勤めている職場が良い人ばかりなら、ちょっと残業があっても、あまり苦しくはないですよね。むしろ「家に帰らず、ずっと仕事場にいたい」なんて考えるかもしれません。

そうです。残業や休日出勤は苦しいですが、そこは苦しみの本質ではありません。職場における苦しみは、すべて人間関係が生み出しているのです。

つまり、楽な仕事を探すということは、煩わしい人間関係の少ない仕事を探すということなのです。

ストレスフリーな仕事3選

それでは、いよいよ「ラクな仕事」を具体的に紹介していきます。ただし、あなたも分かっているとは思いますが、仕事で「全てがラク」なんてことはありません。あくまでも比較的負担の少ない仕事です。そこだけは、注意してくださいね。

工場作業員

工場は、入社してまもなく厳しい研修があります。しかし、研修さえ乗り切れば、あとは自分との戦いです。工場では、勤務する人たちはそれぞれポジションを与えられていますから、ノルマさえ守れば自分のペースで仕事ができます。営業はないし、会議も少ないです。

時間や仕事を自分自身でしっかり管理する能力がある人は、工場仕事が向いています。また、工場の仕事は比較的給料が高めです。「ラクがしたいけど、稼ぎたい」と考えているのなら、工場の仕事にチャレンジしてみるのはどうでしょうか。

警備員

人を選ばない、ラクな仕事の代名詞といえば警備員ではないでしょうか。採用条件も緩く高齢者でも就職しやすいです。

正直に言うと、ラクになるかどうかは、配属される現場次第です。夜遅くまで作業する現場などもあります。しかし、長時間じっとしていれば良い職場もあるので、妄想や空想が得意な人には向いている職種です。

気になる給料ですが、警備員の場合、工場などと比べると給料は高くないケースがほとんどです。「給料はいらないから、じっとしている仕事がやりたい」と考えている人なら、警備員に挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。

セルフガソリンスタンドの店員

資格が必要ですが、セルフ式のガソリンスタンドもストレスの少ない仕事でしょう。なぜなら、セルフ式の場合、お客さんが勝手にガソリンをつめてくれるからです。給油方法が分からないお客さんには説明が必要ですが、それでも時間には余裕があるでしょう。

業務内容は単純で重労働もないです。しかし、危険物取扱者の資格が必要なので、誰でもなれる仕事ではありません。とはいえ、資格さえ持っていれば年齢制限がない求人も多いので、高齢者でも働けます。

給料に関しては、夜勤が多ければ稼ぐことができます。稼ぎたい人は、24時間営業のセルフガソリンスタンドを選ぶといいかもしれません。また、資格手当がつく職場もあるので、求人情報をよく確認しておくことが大切です。

「学生時代に危険物の資格を取った」という人なら、セルフガソリンスタンドで働いてみるのは、どうでしょうか。

まとめ

「ラクな仕事」をしたければ、煩わしい人間関係の少ない仕事を選ぶべし。オススメは「工場作業員」「警備員」「セルフガソリンスタンドの店員」の3つ。現場次第ではあるものの、営業や接客業などに比べれば人間関係のストレスは少ない。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

体を鍛える一番大切な理由

出世する人は、やっている。積極性をアピールする二つの方法

人生を充実させたい人は必見。転職をすすめる3つの理由

会社で出世するために一番大切な事

出世できない人が生まれる二つの理由

生き残るための仕事の選び方