会社で働きたくないあなたへ。自由に稼ぐ3つの方法

「こんな、どうしようもない会社、辞めたい」

「会社を辞めたい」サラリーマンなら、誰でも一度は考えることではないでしょうか。

人間関係などで悩んだりすると、朝に目が覚めて会社に出勤するのが、とても憂鬱になるものです。

「すぐにでも、会社を辞めて自由に暮らしたい」

みんな、心のどこかでは思っているけど、実現できない究極の願い。

しかし、もし、本当に「会社を辞めて生きていく」が実現できたら、あなたは、どうしますか?

今日は、そんな会社で働かないでお金を稼ぐ方法を紹介します。

会社を辞めるのは「悪」ではない

建前なしで、正直にいいます。

もし、あなたが本当に会社を辞めたいなら思い切ってやめるのも一つの正しい選択です。

こういうことを言うと「無責任だ」という人が、必ずいます。しかし、そもそも、あなたの生き方に誰も責任なんて取ってくれません。

あなたも、薄々分かっているはずです。

会社は、申し訳ない程度に給料や手当ては多少出してはくれますが、あなたの一生は保障してくれないのです。

会社を辞めれば、家族に迷惑がかかる。毎日、不安に襲われる。そういった要素もあるかもしれません。しかし、世の中は「やる」か「やらないか」の二択です。

もし、あなたが会社員生活に悩んでいるなら、会社で働かないことを真剣に考えてみましょう。

会社で働かずに、お金を稼ぐ方法3選

さて、ここから実際に会社で働かずに、お金を稼ぐ方法を書いていきます。注意点として、生活保護やホームレス、起業などの普通の生活をしてきた人間が実行するのが、難しい方法は除外します。

この記事では、普段会社に勤めているような普通の人が実践できそうな方法を紹介していきます。では、さっそく紹介していきます。

ネットで稼ぐ

資金やコネもないけど、自由にお金を稼ぎたい。そんな人に、ぴったりなのは、インターネットを使って稼ぐ方法です。やり方は、様々です。具体例を出すと、ブログなどのアフィリエイト(広告収入)やクラウドソーシング(インターネット上で作業者が、仕事の依頼人の募集をみて参加する仕事)などがあります。

ただし、アフィリエイトの場合は、稼げるサイトを育てるまで時間がかかります。さらに、サイトが育っても必ず稼げるわけでもありません。いくつかサイトを作って色々試していく必要性があります。なので、すぐに結果が出ないのが現状です。

もし、ネットで稼ぎたいと思っているなら、クラウドソーシングから始めてみるといいでしょう。募集を見て、仕事の依頼内容をしっかり確認して、作業をすれば、相手からちゃんと報酬がもらえます。

クラウドソーシングの報酬の額は、仕事によって様々です。ブログの記事作成の代筆の仕事なら、1000字で300円~800円くらいでしょうか。もちろん、いい記事を作成すれば、報酬は上がっていきます。パソコンの文字打ちの早い人なら、一時間もあれば2000字は書けるはずです。毎日、会社で働くような感じで自宅で作業をすれば、一日平均7000~10000円くらい稼げるでしょう。

クラウドソーシングは仕事のジャンルも幅広く、プログラミングの仕事やロゴ作成などのデザイン系の仕事もあります。コンペ方式の仕事なら、採用されれば一つの仕事で数万円も夢ではありません。

ネットなら会社で働きながらでも、合間を見てちょこちょこ仕事をすることも可能なので、まずは副業感覚でチャレンジしてみるのはどうでしょうか。

下のリンクは、クラウドソーシング大手のクラウドワークスです。もし、ネットビジネスに興味があるなら覗いてみるといいでしょう。


アルバイト、パートで稼ぐ

アルバイトやパートなら、条件を選んで探せば、正社員に比べて労働時間を短くできます。そもそも、仕事でストレスが溜まるのは、組織に束縛される時間が長いからです。つまり、労働時間が少なくなれば、あなたのストレスも減っていくのです。

しかし「たしかに、労働時間が短くなればストレスは減るけど、お金が稼げないじゃないか」こんな不安を持つ人もいるでしょう。

大丈夫です。ちゃんと、稼ぐ方法はあります。

その方法とは「ネットで稼ぐ」と併用して、アルバイトやパートの仕事をやることです。「ネットで稼ぐ」をアルバイトやパートの仕事が終わった後や空いた時間にやるのです。

アルバイトやパートだけでは、10~14万円くらいが限界でしょう。地方なら、もう少し低いかもしれません。しかし、そこに毎日2~3時間ネットで稼ぐ収入がプラスされればどうなるでしょう。

例えば、クラウドソーシングで記事作成の仕事をやれば、仕事を選んで2000字も書けば600~1000円は稼げます。それを三時間、毎日やるとします。すると、月平均で4~8万円くらいは収入をプラスすることが可能ですしかも、これに、もしアフィリエイトなどもプラスすれば、ネットだけで月に10~20万円稼ぐことも不可能ではありません。そうなれば、バイトやパートの仕事はしなくていいですね(笑)。

組織の中で生きていくという意味では、アルバイトやパートの仕事は大変かもしれません。しかし、あなたが仕事でストレスが溜まる原因は会社での長時間の労働です。ストレスの原因は、人間関係とよく言われますが、それも長時間会社に拘束されることで悪化しているのです。

生きていく分のお金をしっかり稼げるなら、アルバイトやパートも悪くありません。「ネットで稼ぐ」と併用して、チャレンジしてみるのはどうでしょうか。

養ってもらう

女性なら、ある意味、王道のやり方でしょうか(笑)。単純明快で一番簡単な方法です。

家族やパートナーが稼いだお金を、あなたも使って一緒に生活するわけですから「稼ぐ」のカテゴリに入るとブログ管理人は考えています。

養ってもらえれば、家賃や光熱費などの基本的な生活維持費がかかりません。家族と暮らす場合は、月数万円のお金を家に入れることを要求されるかもしれません。しかし、それでも一人暮らしとは比べものにならないほどお金を払わなくて済むはずです。

実際、会社で働かずに生活している人の多くは、「養ってもらう」のパターンではないでしょうか。

しかし、養ってもらう場合は、あなたが家族やパートナーに対して「稼ぐ」と同等の何かを提供する必要があります。さらに、会社で働かない理由も、きちんと説明するのも大事でしょう。

一生懸命に会社で働かない理由を説明すれば、分かってくれる人もいるでしょう。特に、親の場合は「会社を辞めて国家資格を取る」などの明確なビジョンがあれば、受け入れてもらえる可能性は非常に高いです。

会社で働かない理由は、無理にでもつくるべきです。養ってくれる家族やパートナーも、理由がしっかりしていなければ「いつまで面倒をみれば、いいのか」「まさか、一生このままなのか」など、不安に襲われてストレスがたまります。

人間関係において、たとえ慣れ親しんだ家族だとしても説明は大切です。

また、あなたがパートやアルバイトなどでお金を稼いだ場合は、何割か養ってくれている家族やパートナーにお金を入れることも大事です。とにかく、誠意を見せることを常に意識してください。

会社で稼ぐこと同じくらいの価値を家族やパートナーに提供できる自信がある方なら、やってみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

会社で働かずに稼ぐ方法はたくさんある。誰でもできそうなのは「ネットで稼ぐ」「アルバイトやパートで稼ぐ」「家族やパートナーに養ってもらう」の三つ。また、どれか一つに絞って稼ぐのではなく、アルバイトやパートで稼ぎつつ合間にネットで稼ぐなど併用して稼いでいくのが大事。いきなり、会社を辞める勇気がないなら、まずは一日一時間でもいいので「ネットで稼ぐ」などを副業としてチャレンジするところから始めてみるといいです。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

出世する人は、やっている。積極性をアピールする二つの方法

ブラック企業を見分ける3つのポイント

体を鍛える一番大切な理由

仕事で要領が良い人になるための3つの方法

生き残るための仕事の選び方

時間に効率よく使うシンプルな方法