出世したいなら社長を参考にすべきではない二つの理由

サラリーマンの中には、尊敬する人物に有名な経営者である「孫正義」「堀江貴文」などの名前をあげる人は珍しくないです。

もうちょっと古いところだと「松下幸之助」「本田宗一郎」あたりでしょうか。団塊の世代の方なら、今でも「松下幸之助」「本田宗一郎」にヒーローのように憧れている人も多いのではないでしょうか。

誰にでも憧れの人物の一人二人は必要です。しかし、あなたが一般の会社でごく普通のサラリーマンをしていて、彼らのような「社長」を出世の参考にしようと考えているのなら、それはあなたの生き方の参考にはならないでしょう。社長の生き方はサラリーマンの出世の参考にはならないのです。

今日は、社長とサラリーマンの違いについての記事を書いていきます。

なぜ、社長を参考にしてはいけないのか

「孫正義」「堀江貴文」「松下幸之助」「本田宗一郎」など、この記事で取り上げている人物達は、私達のような凡人とは全く違います。彼らに共通しているのは、皆起業家であり社長であるということです。

「待て待て、社長は努力して起業してるわけだから、出世の参考にしてもいいじゃないか」こんな考え方をする人もいるかもしれません。しかし、有名社長を出世の参考にしようという考え方は捨てたほうがいいです。その理由を説明していきます。

社長とサラリーマンは、そもそも根本的に違う

社長というのは、金を出資して会社を作る人達です。また、経営でお金が必要で、銀行からお金を借りる場合には個人保証をしなければならない立場の人達でもあります。

社長を簡単に言えば「お金を使って、お金を稼ぐための仕組みを作る立場の人達」です。

会社が倒産すれば、全財産を失うのは当然。経営がうまくいかなければ、巨額の借金を背負って、最終的には破産するしかなくなるのも昨今では珍しくありません。この一文だけで、お気付きの方もいるかもしれませんが、社長はとにかく経営に対する覚悟が尋常ではありません。会社の経営がうまくいかなかったら、自分自身の全財産をつぎ込むのは当たり前なのです。

そんな社長に比べて、我々サラリーマンの場合は、あくまでも会社から給料をもらっている立場です。

サラリーマンを一言で言えば「お金をもらう代わりに、社長の仕事を手伝っている人達」です。

サラリーマンにも「係長」「課長」「部長」など色々な役職はありますが「お金をもらう代わりに社長の仕事を手伝う」という意味では、みんな同じです。

自分自身の心の「指導者」に選ぶのは、もっと身近にいる人にしたほうがいいかもしれませんね。

有名な社長は例外なく「天才」

さらに「彼らが天才である」という点も、私達一般のサラリーマンの出世の参考にならない理由です。あなたも、サラリーマン生活をずっと送っているのなら薄々気付いてるのではないでしょうか。誰もが松下幸之助や本田宗一郎にはなれないのです。

有名社長のようになりたくて、人生を会社に捧げた経営者は数知れず存在しています。しかし、そのほとんどの経営者達は、数年で倒産して消えています。地獄の競争を勝ち残った有名な社長達には、みんなそれぞれに天才的な部分があります。

地道でコツコツで有名な松下幸之助の意外な顔

さて「天才」なんて言葉を使うと、反論する人もいるのではないでしょうか。

「お前、『社長は天才』って言ってるけど、松下幸之助は地道に頑張って社長になった人だろう」こんなことを言う人もいるかもしれませんね。あなたも、このようなことを考えたのではないですか。

たしかに、松下幸之助はコツコツと商売し、大成したイメージの強いです。しかし、松下幸之助には天才的な相場師の一面もあることを忘れてはいけません。

松下幸之助は「大阪の証券業界では知らない人はいない」とまで言われるほどの、相場師でもあったのです。※ちなみに、相場師とは実物取引をしないで、相場の変動を利用することで、売値と買値との価格差によって生じる差金の利益を得ることを職業としている人達です。当時、躊躇うことなく数億円の買い注文を出す松下幸之助に、みんな唖然としていたそうです。

また、松下幸之助の事業拡大には不明な点も多いのが事実です。なぜ、松下幸之助は短期間に次々と会社を買収できたのか。その謎は、いまだに明らかにされていない部分もあるのです。これは、あくまでも管理人の想像ですが、当時、松下幸之助は相当強引な乗っ取りに近い取引をやっていたのではないでしょうか。

もちろん、商売は「勝負の世界」ですから、強引な買収や取引があったとしても「悪」ではないです。しかし、私達一般のサラリーマンの参考になるような「地道でコツコツ」とは程遠い世界で松下幸之助も生きていたのです。

まとめ

社長とサラリーマンは根本的に人種が違うので、出世の参考にならない。また、有名な社長は例外なく破天荒で天才的な部分がある。我々庶民の勝手に作り上げた「努力家であって欲しい」というイメージが、有名な社長達の天才的な部分を薄くしてしまっている。

「起業して大物になる」のような野心がないのであれば、私達のような凡人が参考にすべきなのは、遠くの偉人より身近な上司や先輩なのではないでしょうか。あなたの身近にいる取引先にペコペコ頭を下げる先輩は、意外とあなたの出世の参考になる人物かもしれませんよ。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

ブラック企業を見分ける3つのポイント

体を鍛える一番大切な理由

時間に効率よく使うシンプルな方法

ブラック企業が減らない3つの理由

仕事で要領が良い人になるための3つの方法

私達凡人にとっての財産とは