インデックスファンドがオススメな二つの理由

あなたは「インデックスファンド」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

投資関連の言葉というのは、雰囲気で分かるかもしれませんが「分からない」と答える方も多いのではないでしょうか。

なので、まずはインデックスファンドについての簡単に説明していきます。

インデックスファンドとは

以前の記事でバランス型の投資信託について書きましたけど、インデックスファンドもバランス型の投資信託と同じ投資信託の一種です。

インデックスファンドの仕組み

インデックスファンドを簡単に言うと、日本の代表的な企業などの株価の平均値となるべく同じ動きなることを目指して運用していく投資信託です。

つまり、市場全体の株価が上がれば、市場に合わせてインデックスファンドの価値があがります。反対に、市場全体の株価が下がれば、市場に合わせてインデックスファンドの価値も下がります。

インデックスファンドを一言で言うと、朝や夕方のニュースでやってる「本日の日経平均株価」と同じような感じで上下を繰り返す投資信託ってことです。

さて、インデックスファンドの説明も終わったので、なぜインデックスファンドがオススメなのかについて書いていきます。

インデックスファンドの魅力

初めに言っておきますけど、投資初心者ならバランス型の投資信託だけでも十分です。バランス型は本当にいいですよ。バランス型の投資信託は、国内と海外の株式および債券などが入っています。つまり、分散投資ができて値動きも安定しています。正直、バランス型の投資信託だけでもいいです。

しかし、投資に慣れてくるとバランス型の投資信託では物足りなさを感じてくるのは確かです。貯金も順調で資金に余裕が出てくると「もう一つ何か投資したい」と考える人もいるはずです。

そんな時に、オススメなのがインデックスファンドです。

手数料が安い

インデックスファンドは手数料が安いです。バランス型の投資信託も手数料は安いですが、それ以上に安いのです。

なぜ、インデックスファンドは手数料が安いのか。理由は、日経平均株価と連動するように、投資先が機械的に決められるので、管理に手間がかからないからです。

ただし、注意点もあります。手数料は、選ぶインデックスファンドによって額が異なります。なので、ネットなどで信託報酬(手数料)や購入時手数料などをしっかり見てから手数料の安いものを選びましょう。

リスクが極めて低い

インデックスファンドは大儲けを期待できません。しかし、その分小さな儲けを継続的に出しやすいのが魅力です。その証拠に、プロと呼ばれる投資家の方々もほとんどがインデックスファンドを保有しています。

なんと言っても「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェットさんが、低コストなインデックスファンドに投資をすることをオススメしているくらいです。

一歩踏み込んだ投資がしたいなら、インデックスファンドを買ってみるといいでしょう。

インデックスファンドのデメリット

さて、最後にインデックスファンドのデメリットについても書いておきます。一言で言うと、良くも悪くも日経平均株価などの株価指数と似た動きをするので、大儲けはできないということです。

しかし、大儲けが無いからと言ってがっかりしないでくださいね。

以前の記事でも書きましたけど、私達のような凡人は地道に少しずつお金を増やすことが重要です。大金をつぎ込み、即断即決ですぐに金融商品を売り買いするのは大損する可能性も高くて危険です。

バランス型の投資信託とインデックスファンドのどちらにも言えることですが、しばらく使う予定のないお金を投資に回しましょう。長い時間をかけて、ゆっくりとお金をホクホク増やすイメージです。

まとめ

インデックスファンドは、日経平均株価と同じような動きをする投資信託の一種。手数料も安く、リスクも低いので安定している。デメリットとしては、日経平均株価に合わせて動くことを目指しているので大儲けができない。しかし、その分小さな儲けを継続して出しやすい。

興味のある人は、ぜひインデックスファンドへの投資にチャレンジしてみてくださいね。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

 

関連記事

「オススメ金融商品」を買ってはいけない二つの理由

インデックスファンドを選ぶ時の二つのポイント

不動産投資のリスクが高い二つの理由

証券口座を開設する時の二つのポイント

株は買ったほうがいいの?

投資信託で失敗しないために一番大切な事