「オススメ金融商品」を買ってはいけない二つの理由

お金に余裕ができると「投資でもやってみよう」と考える人もいるでしょう。

そんな時に、あなたは証券会社や銀行から投資に関する資料などを取り寄せたりしていませんか?

もし、証券会社や銀行のパンフレットやネット広告などに「オススメ商品」と紹介されていたら注意したほうがいいです。

金融機関のオススメは、私達一般人に必ずメリットがあるとは限りません。

今回は、金融機関のオススメ商品についての記事を書いていきます。

金融機関がオススメする本音

金融機関は、いつもお客さんの立場で商品をオススメしているとは限りません。証券会社や銀行がオススメするのは、自分たちが儲かるような金融商品である可能性も高いのです。

高利回りの金融商品

金融機関のオススメする金融商品は、たいていが高利回りです。「高利回り」という言葉だけを聞くと、私達にメリットのある商品を販売してくれているように見えます。

しかし、高利回りの商品には手を出さないでください。

理由は、高利回りの金融商品は基本的に手数料が高いからです。

以前の記事でも書きましたが、手数料が高けれ高いほど金融機関は儲かります。手数料は全て、金融機関の利益になります。ですから、ハイリスク、ハイリターンで、お客さんにとってデメリットが多い商品でも手数料が高くて自分たちが儲かるから「オススメの商品」として紹介しているケースが多いのです。

見た目の美しいパンフレットやネットに大きく書かれた「特別コーナー」の文字に惑わされてはいけません。金融機関は、パンフレットやネットのページ作成にかかったコストを回収するために、必死で手数料の高い「オススメ商品」を販売しているのです。

「毎月、分配」の罠

もう一つ、私達一般人が金融機関のオススメ商品を買う上で注意が必要なのは分配です。たとえば「毎月、分配がある」と書かれた商品です。

一見、毎月お金が入ってくると運用がうまくいってるような気もするし安心感があります。その証拠に「毎月、分配」は今でも根強い人気があります。

しかし、実は「毎月、分配」にはデメリットもあるのです。

仕組み自体がデメリット

そもそも、毎月分配金が出るということは、分配金に回さなければ将来手に入るはずだった利益を先にもらうことになるので、価値や複利効果を減らすことになります。

そして、もっとも問題なのが金融機関が分配金を出そうとしてリスクの高い運用に走ってしまうケースです。

本来、分配金というのはオマケのようなものです。運用が安定しているうちは、投資会社や銀行も収益の中から分配金を出していきます。しかし、運用が思うようにいかなくなった場合は、「毎月、分配」をカバーしようとリスクの高い危険な運用を行ったりすることがあるのです。

このように、一見お得に見えるシステムには「手数料が高い」「リスクが高い」などの問題が隠れている可能性があります。

まとめ

証券会社や銀行の「オススメの金融商品」は「手数料が高い」「リスクが高い」などハイリスク、ハイリターンなものが多い。

あなたが、もし投資を考えているのなら「オススメ」という単語や美しいデザインのパンフレットや目立つネット広告などには気をつけましょう。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

 

 

 

関連記事

株は買ったほうがいいの?

投資で稼げるのか?

証券口座を開設する時の二つのポイント

投資信託をやるなら知っておくべき二つの事

インデックスファンドを選ぶ時の二つのポイント

投資信託で失敗しないために一番大切な事