時間に効率よく使うシンプルな方法

あなたは「タイム イズ マネー」という言葉を知っていますか?

義務教育を受けていれば、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

「タイム イズ マネー」。直訳で「時は金なり」です。意味は「時間は、お金と同じで非常に貴重なものだから無駄に浪費しないで、大切にしよう」って感じですね。

ところが、私達サラリーマンは意外と時間を上手に使うことができません。

あなたには、心当たりはないですか?

「周りが残業しているから、たいして忙しくもないのに、やらなくてもいいのに残業してしまった」「本来一時間で、できる仕事だけど、一時間で仕上げると次の仕事を押し付けられるから、わざと遅くやる」などサラリーマンをやっていれば誰でも一度は経験しているのではないでしょうか。

時間を大切にしたいと考えても、人に雇われているとなかなか実行できないものです。

今日は、そんな時間の使い方についての記事を書いていきます。

時間だけは平等

さて、誰でも分かることですが、時間だけは平等です。

サラリーマンやニート、公務員、経営者など世の中様々な人がいますけど、時間は誰でも一日24時間です。

となると、この一日24時間の決まった時間をどこにどう使うか考えるのが非常に重要です。

時間を上手に使うにはどうしたらいいか。

答えは簡単です。「他人のために使う時間」を減らして「自分のために使う時間」を増やせばいいのです。

この説明だと「よく分からない」という人もいるでしょう。もうちょっと詳しく説明していきます。

例えば、あなたが友達のグチを聞いているとします。この場合は、あなたは他人のために時間を使っています。自分の将来に関係ないことにつきあってるわけですからね。

今度は、あなたが大好きな趣味を楽しんでいるとします。この場合は、あなたは自分のために時間を使っています。自分自身を喜ばせるために、時間を使えてるから有意義ですね。

「時間を上手に使う」とは「他人のために使う時間」と「自分のために使う時間」をしっかりと見極めて「自分のために使う時間」を生活の中で増やしていく努力をするということです。

時間は有限です。私達は生まれた時から、死に向かって一直線に進んでいます。お金は頑張れば増やせるけど、時間は増やせません。

全部「自分のための時間」にするのは無理です。しかし、一日24時間の中で「自分のための時間」を増やす工夫はできます。

「自分のための時間」を増やすには

自分の時間を増やすのに手っ取り早いのは、不安や悩みを減らすことです。

あなたも心当たりはありませんか? 悩みや不安のほとんどは人間関係からくるものです。つまり悩みや不安は「他人のために使う時間」なのです。

「そんな簡単に悩みや不安が減れば誰も苦労しない」と言われそうですね。そりゃ、そうです。ですが、役に立つかもしれないのでちょっと聞いてください。

そもそも、不安や悩みは過去や未来にあることが多いです。あなたも経験はないですか。「この人と結婚して将来どうなるだろう」「これからも職場で仲良くやっていけるか不安」など、悩みや不安は意外と「今の時間」になかったりします。

将来のことをあまり考えないでください。時間は「今」しかないんです。私達は過去にも行けないし未来にも行けません。

たしかに、人生設計を考えるのは大切です。しかし、あなたが悩めば悩むほど「今の時間」は消えていきます。悩んでる時間を趣味や資格の勉強に使っていれば、もっと多くのことを得られると思いませんか?

「今」を真剣に考えて「自分のために使う時間」に振ってください。悩んでいる間も、あなたは確実に人生の貴重な時間を消費しています。

残酷なほど有限な時間を大切に使って生きていきましょう。

まとめ

一日24時間は誰にでも平等。だからこそ「他人のために使う時間」を減らして「自分のために使う時間」を増やす努力をしよう。また、悩みや不安も時間を無駄に消費しやすい。「悩みや不安の時間」は自己投資や趣味など「自分自身を喜ばせたり、成長させたりする時間」に変えていきましょう。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

会社で働きたくないあなたへ。自由に稼ぐ3つの方法

出世する人は、やっている。積極性をアピールする二つの方法

自信のつけ方

生き残るための仕事の選び方

私達凡人にとっての財産とは

体を鍛える一番大切な理由