「円安」と「円高」って何なの?

「円安」と「円高」は、テレビのニュースなどでよく見ますよね?

しかし「円安」や「円高」が、私達の生活にどのような影響を及ぼしているのかをちゃんと理解できているでしょうか。「よく分からない」と答える人も案外多いんじゃないでしょうか。

今日は、そんな身近でよく聞くけど意外とよく分からない「円安」と「円高」についての記事を書いていきます。

投資信託やFX、株、外貨預金なんかを考えてる人は、この記事を読んでおくと投資で失敗を減らせるかもしれませんよ。

通貨の価値

円安は「円が安い」円高は「円が高い」ということです。では、それが何を意味するのでしょうか。

結論から言います。円は商品なのです。円を欲しがる人が多ければ円の価値が上がり「円高」、円を欲しがる人が少なければ円の価値が下がり「円安」となるわけです。

今は「円安」「円高」の話をしていますが、これは外国の通貨でも同じことです。世界各国の通貨の中には、高い通貨もあれば安い通貨もあります。例えば、ドルやユーロは高い通貨です。反対に途上国の通貨は安いものが多いです。

なぜ、ドルやユーロが高くて途上国の通貨は安いのでしょうか。それは、ドルやユーロはみんなが欲しがっているので高いのです。逆に、途上国の通貨は、欲しがる人が少ないから安いのです。

つまり通貨が高いということは、その通貨の高い国の経済力に期待して、みんなが取引や商売をしたがっている状態なのです。

取引や商売をする際、例えば日本で商売や取引をするなら日本人は円を使うから、日本で商売や取引をする外国人達は、お金を円にして商売や取引の準備をしていたほうが有利です。だから、円を欲しがり円の価値が上がるのです。

日本の円が「円高」なっているときは「日本で商売すれば儲かる」とみんなが期待しているって感じです。

通貨の高さで、国の経済や規模まで分かる

通貨の高い国は、みんながその国で商売や取引をしたがっているから通貨が高くなります。

つまり、通貨の高い国は経済が強いということです。または、これから経済が強くなっていくことにみんなが期待している状態です。

例えば、アメリカやEUは経済が強いですね。今後、経済成長が期待できる国なら、中国やインドあたりでしょうか。経済が強ければ、どんどん通貨の値段は上がっていきます。

まとめ

円を欲しがる人が多ければ「円高」。円を欲しがる人が少なければ「円安」になる。円が高くなるということは、それだけ多くの人達が日本に期待して商売や取引をしがたっている状態です。つまり、お金の動きが活発で経済が強いということの表します。

「貯金が、かなり貯まってきたので投資を考えている」なんて人は、ぜひ通貨の原理を覚えておきましょう。

株やFX、投資信託などでは経済の動きを見て商品を選ばないといけないので、通貨の意味を理解しておくのはめちゃくちゃ大事です。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

日本に「お金持ち」が少ない3つの理由

貯金の意味

あなたに、お金がない二つの理由

お金の不安を減らす3つの方法

誰でもできる。お金を増やす3つの方法

お金って何だろう