浪費が加速する仕組み

あなたは自動車や住宅を買う時に追加注文した経験はありませんか?

普段は、節約していても住宅や車などの大きな買い物をする時は「どうせ買うなら」とついつい奮発してしまうものです。

今日は、大きな買い物をするときにやってしまいがちな浪費について記事を書いていきます。

なぜ、大きな買い物で財布の紐が緩むのか?

例えば、あなたが車を買うとします。普段、なかなか経験しない大きな買い物です。もし、そんな状況でセールスマンに「三万円追加するとETCもつけられて、お得ですよ」などと言われたらどうしますか? 「じゃあ、せっかくだしお願いします」なんて答えちゃう人も結構多いのではないでしょうか。

車に限らず、大して検討もしないで本来の買い物よりも装備をグレードアップさせてしまった経験のある人は結構多いのではないでしょうか?

あなたが本当に必要な買い物をしているなら問題はありません。しかし、考えてみてください。例えば、数年後にセールスマンが来て「ETCを今なら三万円でつけられますよ」と言ってきたら、あなたはどんな行動をしますか? 「おお、ETCいいねー。よし、つけよう」と躊躇なく買い物をするでしょうか?

おそらく、そんなことはないですよね。「仕事が変わって頻繁に高速を使うようになった」などの明確な使う目的がない限りは「ちょっと、考えさせてください」とでも言うのではないでしょうか。

恐ろしいことに、私達は使うお金の額が増えると、お金の価値を軽く考えてしまうのです。

三万円は、私達一般人にとって普段なら結構な金額です。しかし、数百万円以上の買い物をする時は「三万円くらいならいいよね」となってしまうのです。

金を使うたびに浪費は加速する

あなたは、ある日自分へのご褒美で二万円のバッグを買いました。ご褒美の日は満足するでしょう。しかし、それから間もなくして仕事で疲れていたので、また自分へのご褒美に二万円で洋服を買いました。最初の「自分へのご褒美」は抑制や理性が働いているでしょう。しかし、二回目の「自分へのご褒美」は一回目の「自分へのご褒美」に比べて軽い考えで買い物をしています。

「前に二万円で買い物しちゃったし。今度もいいかな」というふうに、お金を使うたびに二万円を使うことに大した意味を感じなくなってしまうのです。

お金は使えば使うほど百円、千円、一万円とお金を使うことへの抵抗が薄れていくのです。

借金をする人が、借金を繰り返すのもこの理屈です。さらに、お金を使うことで、お金を浪費することへの抵抗が薄れているのです。

感情に任せてお金を使うと浪費は加速します。そして、気付いた時には元に戻れないところまでお金を使う感覚が麻痺しているのです。

まとめ

使う金額が大きいと、お金の価値を軽く考えてしまいます。百円に対しての一円は1%です。ですが、一万円に対しての一円の場合は0.01%です。同じ一円でも金額が増えると、お金に対して軽く考えてしまうのです。また、一度でも浪費を許すと浪費癖は治らないどころか、どんどん加速していくのです。

お金を浪費することで得る満足感はすぐに無くなります。そうならないために、日々の生活に幸せを見つけて満足して無駄な浪費を防ぎましょう。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

関連記事

「円安」と「円高」って何なの?

無理なくできる貯金のコツ3選

あなたに、お金がない二つの理由

自販機を甘くみるな。あなたの身近にある甘い罠

外貨預金は貯金に利用していいのか?

日本に「お金持ち」が少ない3つの理由