あなたは大丈夫? クレジットカードの管理方法

クレジットカードは便利ですけど、現金払いに比べてお金の実感がわきづらいですよね?

お店やネットなどでクレジットカードの新規入会を勧められると、ついつい新しいカードを作ってしまった経験はないでしょうか? クレジットカードは、一旦カード会社が支払いを肩代わりして後でカード使用者にお金を請求する分、現金に比べて管理の方法が分かりづらいものです。

今回は、そんなクレジットカードの管理方法について記事を書いていきます。

カードの使いすぎを防ぐための管理方法

そもそも、なぜクレジットカードは現金に支払いに比べてお金を管理しづらいのでしょうか?

結論から言うと、目の前で手元のお金が減らないからです。

クレジットカードのシステムは、お店などでカードを使えばその場ではカード会社が支払いを肩代わりします。そして、月末などに後からカード使用者に代金を請求します。つまり後払いです。※クレジットカードの仕組みについては以前の記事に詳しく書いているのでこちらも読んでみてください。

カード会社による「後払いシステム」のせいで、支払いのタイミングがズレて、お金の管理が現金の時より難しくなっているのです。月末などに代金を支払って、その後に通帳を見るまではお金を使った実感ができないのです。

では、金銭感覚を失わずにクレジットカードとつきあうにはどうすればいいのか?

答えは簡単です。給料の振込口座とクレジットカードの引き落とし口座を分ければいいのです。※口座の管理の仕方は以前の記事で詳しく書いているのでこちらも読んでみてください。

カードを使ったら、使った分の金額をカード引き落とし口座に移すようにしましょう。単純な方法ですが、お金を使ったことを実感しやすいのでオススメです。

カードの持ち過ぎはダメ。メインカードを決めよう。

あなたは、カード会社の「初年度年会費無料」などの宣伝を聞いて、ついつい本来作らなくていいクレジットカードまで作ってしまった経験はありませんか?

むやみに新しいカードを作るのは絶対にNGです。なぜなら、カードが分散するとポイントがたまりづらくなってしまうからです。せっかく、銀行の金利よりもお得なポイントが付くのに何種類もカードがあるせいでポイントが分散するのは大損です。ポイントは一枚のカードに集中させたほうが貯まりやすいのでオススメです。

ライフスタイルに合わせて、メインのカードを決めましょう。クレジットカードは一般のサラリーマンなら一枚か多くても二枚あれば十分です。また、二枚目はあくまでもメインのカードが使えない時の予備用カードくらいに考えてください。カードを何枚も持つと代金の請求日がバラバラになり、管理が非常にしづらくなります。また、たいして使わないカードに年会費だけを無駄に支払う事態になりかねません。自分の生活パターンと照らし合わせて、使いやすいカードを絞り込みましょう。

まとめ

クレジットカードは便利だけど、目の前で現金が減らないのでお金を消費している実感が湧きづらい。対策としては、給料振込の口座とクレジットカードの引き落とし口座を分けて管理するのが良いです。

また、クレジットカードの持ちすぎもNG。一枚か多くても二枚くらいにしておくほうが良い。カードを持ちすぎるとポイントが分散して貯まりづらいうえに、代金の請求日がバラバラになり管理がしづらくなります。

それでは、今回はこの辺で終わりにします。ではでは、また次回。

 

関連記事

リボ払いの仕組み

初心者必見。クレジットカードを選ぶ3つのポイント

クレジットカードと上手に付き合おう