お金って何だろう

あなたは「お金とは何か」と聞かれて答えることができますか?

 

これは人によって答え方は違うんじゃないかな。「自分の願いを叶えてくれるもの」「欲望」「商品と交換するための金券」など、生まれた環境や生き方によってお金の考え方は様々だろうね。

しかし、日々の生活に一カ月一万円でもいいからお金をプラスしようと考えた時に、このお金の考え方次第で結果は間違いなく変わってくるよ。

お金の正体

私は、お金とは「信用と信頼」だと考えています。例えば、ここに五百円があるとします。当然、その五百円でコンビニで弁当などが買えます。なぜでしょうか? それは、コンビニの店員さん達や自分自身が「これは日本銀行が発行した本物の五百円だ」と信用しているからです。

会社がお金をあなたに払うのはなぜでしょう? それは、あなたが仕事をきちんとしてくれると信頼しているからです。信頼の形が給料なわけです。

お金は「信用と信頼」です。だからこそ、形を変えて時代に合わせて進化しています。物々交換の時代に頭の良い人が「物で取引するのは運搬が面倒だべ」と考えて金貨などで取引するシステムを生み出しました。そして、現代ではさらに頭の良い人達が「社会的な信用があれば通貨はいらなくね?」と考えてクレジットカードやビットコインのようなものが生まれたわけです。

こんなことを書くと「お前から説明されなくても分かるつーの」なんて言われそうだけど、おさらいだと思って聞いてちょうだい。

この記事では超当たり前の基礎中の基礎みたいなお金の話をしています。しかし、これをしっかり理解していないからこそ、つまらないプライドで無駄な消費を繰り返してしまう人が多いんじゃないかな。

お金を払うという行為

お金は使えばなくなります。

しかし、お金を使わないで生活するのは不可能です。だからこそ、ジュース一本を購入する時でも考えてほしいのです。

あなたは、コンビニでジュースを買うときも信用や信頼の対価でジュースを買っています。ジュースで自分の命とも言える「信用と信頼」を削っているのです。

誤解してほしくないから言うけど、何も、ケチケチ節約しろと言ってるわけじゃないからね。簡潔に言うと、お金を払う前に今までよりも立ち止まってよく考えてほしいって感じかな。

あなたが、今お金を払おうと思っている物はあなたの信頼と信用に見合っていますか?

これを考えるだけでも、余計な出費は少しずつ減っていくかもしれないよ。お金についてあんまり考えたことのない人は、ぜひ考えてみてちょうだい。

今回はこの辺で終わりにしよう。ではでは、また次回。

 

 

関連記事

無理せずできる。貯金テクニック

あなたに、お金がない二つの理由

お金が貯まる人と貯まらない人の差

お金の不安を減らす3つの方法

自販機を甘くみるな。あなたの身近にある甘い罠

浪費が加速する仕組み